フラット35メリットデメリット|安い事務(融資)手数料比較!最安は?

 

 

フラット35のメリット・デメリット!

安い事務(融資)手数料比較!最安は?

 

 

フラット35というのは、簡単に言うと、国のお金を使って住宅ローンを借りたい人にそのお金を渡してあげる制度です。あくまでも公的な制度なのですが、銀行など窓口が色々とあります。

 

フラット35のメリットは、固定金利なので、35年後の金利がわかるということです。また、審査はアルバイトの人でも通るくらいゆるいものです。例えば、銀行の住宅ローンですと、就職して最低3年間は働いていないと審査が通りにくいです。

 

一方、フラット35に関しては、そういったことはありません。やはり公的な制度なので、誰にでも借りやすいものになっているのです。なので、収入が不安定な方には、フラット35はおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

フラット35の注意点は?

 

それから、フラット35には独自の建物の基準があるので、まずはその基準をクリアする必要があります。つまり、建物の基準をクリアしないとお金を借りられないので、一般の銀行で住宅ローンを組むより、建物に関しては性能が良くなります。

 

ちなみに、フラット35は、返済期間が20年のものもあります。あまり長期間借りない人の場合は、フラット20の固定金利で20年返済も利用できます。

 

また、フラット35で借りて、途中から期間を短縮することもできます。一般の銀行ローンも繰り上げ返済はできますが、手数料を取られます。一方、フラット35の場合は、繰り上げ返済手数料は無料です。

 

ということで、フラット35だから一般の銀行ローンでできることができないということはありません。

 

 

フラット35のデメリットとは?

 

フラット35のデメリットとしては、変動金利と比較して金利が高いことです。また、これは住宅会社にもよりますが、フラット35を申請するためにお金がかかるかもしれないことがあります。

 

さらに、建物をフラット35の基準に沿って作らなければならないので、その基準をクリアした家づくりをしていない会社ですと、その面で建物のお金が高くなる可能性もあります。なので、フラット35でも大丈夫ですよと言ってくれる住宅会社を選んだ方がいいです。そうすれば、建物のお金は変わらないはずです。

 

 

フラット35と変動金利の組み合わせとは?

 

フラット35と変動金利の組み合わせも可能です。ただ、それをやっている銀行の窓口もありますが、すべての銀行の窓口でそれをやっているわけではありませんので注意が必要です。要は、銀行によるということです。

 

スポンサーリンク

 

 

ちなみに、どの銀行の窓口で申し込むのかについて、銀行の大小はあまり関係ありません。まず担当してくれる営業マンなのですが、銀行は3年周期で店舗を移動するので、初めの担当者はいなくなってしまいます。なので、どこの銀行でもあまり変わらないかもしれません。

 

ただ、最初に足を運んだ銀行の担当者があまりいい感じがしなかったら、別の銀行に行ってみた方がよいと思います。銀行はたくさんありますので、そこで借りなければならないということはありません。自分が合っていると感じた担当者と話しをしていくのが一番良いと思います。

 

やはり私たち利用者も色々と勉強して、担当者の方に突っ込んで聞いてみることが大切です。

 

ということで、これに関しては銀行の担当者の方に、「どういうものがベストなのか」「たくさんあるプランの中でどれがベストなのか」、ということをできるだけ深く相談してみることをおすすめします。

 

 

フラット35の事務手数料比較!

最安の融資手数料とは?

 

フラット35は、金利が取扱金融機関によって多少変わってくるというのは前述したとおりです。金利に続いて気になるのが、融資の最初にかかる事務手数料(融資手数料)です。この事務手数料(融資手数料)も金融機関によって変わってきます。しかも、定率型とか定額型によっても金額が変わってきます。

 

 

定率型とは?

 

事務手数料(融資手数料)は、定率型と定額型の大きく分けると2つに分かれます。

 

まず定率型は、融資金額の○%というように手数料が決まるタイプのものです。大体1%〜2.16%くらいに設定している金融機関が多いです。例えば、3,000万円で1%としたら30万円かかります。また、定額型と比較すると金利は安いです。なお、長期で借りる場合には、定率型の方がお得になります。

 

 

定額型とは?

 

定額型は、融資金額にかかわらず一定額の手数料が決まっているタイプです。大体3万円〜5万円くらいに設定している金融機関が多いです。また、定率型と比較すると、金額はかなり安いですが、その代わり金利が高いです。

 

なので、長期的に借りる方にはやや不利かなと思います。ただ「最初にどうしても手持ちの資金がなくて安く済ませたい」という方にはおすすめです。

 

 

フラット35をどこで申し込む?

 

どこの金融機関のフラット35を使うのかということについては、金利や事務手数料、実施中のキャンペーンなどによっても、大分変わってくるケースもあります。なので、前述したようなことを参考にして決めるのも良いと思います。

 

それと意外に重要なのが、実店舗があるかどうかということです。いわゆるネット銀行だと実店舗がないので、いざという時にどこに相談しに行ったらいいのかわからないということもあります。ですから、実店舗があるというのは非常に安心できるので、大きな金額を借りるわけですから、安心を買うという意味でもいいのではないかと思います。

 

スポンサーリンク